病院案内

病院長からのメッセージ

新しい知識と技術習得に努め、「親切」「安全」「安心」の医療を提供できるよう心掛けていきます

 当院は沖縄医療生活協同組合のセンター病院として1976年3月に開院しました。 以来「わったぁー病院」として多くの沖縄県民や地域、組合員の皆様に支えられ、信頼される医療機関を目指して取り組んできました。

 特に開院以来、豊見城市に根を張り地域医療の充実に努めてまいりましたが、2009年6月より川向いの那覇市古波蔵に移転致しました。

 新病院は280床の病院で救急医療をこれまで以上に充実させ、既存のとよみ生協病院(旧沖縄協同病院)と連携をとりながら引き続き良い医療を提供していくように努めていきます。

 沖縄協同病院は2000年4月に県内の民間病院では、はじめて厚生労働省臨床研修病院の指定を受け、医師としてのスタートの場として多くの研修医を受け入れています。多くの医師を育て沖縄や全国で活躍できる基礎を今後も提供していきたいと考えています。
今後も職員一同、新しい知識と技術習得に努め、「親切」「安全」「安心」の医療を提供できるよう心掛けていきます。宜しくお願いします。

病院長 仲程 正哲
病院長 仲程 正哲


  医療生協からのメッセージ≫