4階病棟

 4階病棟は、小児科・産婦人科・その他(泌尿器科・脳外科・整形外科・皮膚科・糖尿病のコントロール・教育)等色々な科があり、月の入退院数が200件をこえる事もある入れ替わりの激しい病棟です。

7-1.JPG



小児科

20床 (個室:10床 2人部屋:1床 4人部屋:2床)
 肺炎や気管支炎・気管支喘息等の呼吸器疾患の入院が一番多く、その他胃腸炎や髄膜炎等の 感染症が入院します。 昨年にアレルギーの専門研修を終えた医師が帰任した事で、県内初のアレルギー専門外来が開設し、病棟へも「食物負荷試験」や「スキンケ目的での入院も入る様になりました。

 お子さんやご家族がなるべくストレスを感じない様に月・季節毎にスタッフが手作りで壁面構成や飾り付けをしています。 12月にはクリスマス会を行っています。 昨年はサンタさんにも来ていただき、入院患者様に加えスタッフからも大好評でした。

 小児科の回診は、外来担当以外の小児科医全員で廻ります。研修医も入れると、6-7名になる日もあります。 小さな子供に数名の医師が聴診器を当てて、全員で経過をチェックします。

産婦人科

14床 (個室:10床 4人部屋:1床)
 病棟・外来をプール制にし、妊婦健診から分娩・産褥までを病棟スタッフが対応、少しでもママ達に安心してお産をして貰える様に と考えています。 産婦人科外来では医師の診察以外にも助産師とゆっくりコミニュケーションを取りながら診察を行う「助産外来」も枠を増やし対応しています。

 お産後は基本個室で、母児同室を勧めています。 感染を考え、お父さん以外の方の赤ちゃんとの面会は窓越しをお願いしています。

泌尿器科

 泌尿器科は、女性の骨盤臓器脱手術を受けられる方の入院を受け入れています。

 TVMというメッシュを使用した手術法は県内では当院が初めてで、現在でも行われる病院は少なく、遠い北部地区から来られる方もいます。

7-1.JPG 7-1.JPG 7-1.JPG



看護部紹介のページ

看護部紹介