沖縄協同病院でご出産される方へ

 沖縄協同病院の分娩件数は年間約370件(2016年度)、月に約30人の赤ちゃんが生まれています。
 沖縄協同病院でご出産される方には、妊娠から出産、さらに1か月健診まで助産師が関わり、分娩介助にも主体的に取り組んでまいります。 小児科医産婦人科医と協同して、助産師15名体制で、母親の気持ちに寄り添い出産をサポートいたします。

外来について

下記の外来を行っております。受診される場合は、産婦人科まで電話連絡のうえ予約を行ってください。

一般外来
月~土 午前
医師による診察と妊婦健診を行います。
助産外来
予約制
月、火、木 午後
助産師による妊婦健診を含めた、お産に向けてのサポートを行います。
母乳外来
予約制
毎週金曜 午後
当院でご出産された方で、産後2~3か月までのママを対象にしております。
産後健診
予約制
毎週水曜 午後
 出産後の1か月健診です。  正常分娩の方は助産師が担当しています。
出産準備教室 ・プレママ教室(妊娠中期~):赤ちゃんのお風呂の入れ方や、栄養についての相談を行っています。
・両親学級(妊娠30週~):お産に向けての勉強会を行っています。

お問合せ

医師の学会出張や業務の都合による急な休診/代診が発生する場合がございます。
初診または最終受診から1年以上あいているかたは、予約外の対応となります。
電話でのお問い合わせTEL:098-853-1200(代表)は午前11時30分以降にお願いします。

出産サポートブック にじのかけはし

 妊婦健診時に「にじのかけはし」をお渡ししています。
 「妊娠から出産、産後や赤ちゃんのこと」について少しでも理解を深めて頂けるよう、冊子をご用意しました。誕生した生命を大切に育んでいくために「にじのかけはし」が少しでもお役に立てれば幸いです。

出産サポートブック にじのかけはし


入院~ご出産

 自然分娩の方は出産後6日間の入院です。
 帝王切開の方は、出産後8日間の入院です。
 基本的には4階病棟の個室で母児同室となります。

入院のタイミング

事前に妊婦健診を受けて頂いた妊婦のみ受け入れています。
以下に該当する場合に、病院に連絡して、指示を受けてください。
陣痛
  初産婦・・・10分おき
  経産婦・・・15-20分おき
  ※病院まで30分以上かかる方、前回のお産が早かった方は、早めに連絡してください。
破水
  完全破水・・・生温かい水が流れ出る
  高位破水・・・卵膜の上のほうに小さな穴が開き、羊水が少しずつ流れ出る
  ※尿やおりものと見分けがつかない時も病院へ連絡する
  ※シャワーはしないで清潔なナプキンをあてて安静にして来院する
ナプキンがずっしりと重くなるくらいの多量の出血があるとき
その他、胎動がなくなった、激しい腹痛があるなどの異常を感じたとき
 ※妊婦健診で医師に個別に入院の時期を説明された方はそれに従ってください。

必ず先に病院に連絡をして、指示を受けてください。
連絡先 沖縄協同病院 4階病棟 産婦人科スタッフ 853-1200(代表)

入院時に持ってくるもの

母子手帳診察券保健手帳パンフレット書類・印鑑
タオル2~3枚バスタオル2枚ガーゼ2~3枚室内用履物生理用ショーツ
洗面用具コップ・お箸ティッシュペーパー母乳パッド(必要時)パジャマ

※ナプキン、病衣は病院で用意していますが、パジャマを持参されてもかまいません。
※入院中の赤ちゃんの産着、紙オムツは病院で用意しています。(紙オムツは2袋準備いたしますが、それ以上は持参してください)
※赤ちゃんのベビー服、おくるみは退院時までにご用意ください。
※分娩手当請求書、社会保険出産一時金は職場から書類を貰ってきてください。

面会について

面会時間は15:00~20:00です。
※お母さんと赤ちゃんの穏やかな時間を確保するため、面会時間はお守りください。
※中学生以下のお子様の病室への立ち入りはご遠慮ください。

助産師の採用募集について

沖縄出身の助産師の方
 沖縄にそろそろ戻ってきませんか?  これまで積み上げてきたキャリアを当院で生かしてください。

助産師キャリアアップ
 当院では、中途採用のかたでも先輩助産師が現場に慣れるようしっかりサポートします。
N-CPRやアドバンス助産師、ALSOなど、キャリアアップを目指している方、是非いっしょに働きましょう。

NCPR Bコース講習会
NCPR Bコース講習会

看護部紹介