医療生協組合員のすすめ 震災ボランティア活動報告 初期研修・後期研修のページ 日本医療評価機構認定 JCEP(卒後臨床研修評価
機構)認定

NCDデータベース登録事業についてお知らせ

患者さまへ

 2011年1月より、全国の病院施設における手術症例件数の全数把握を目的としたデータベース作成を開始することとなりました。手術件数把握の他に、外科医の適正配置、質の向上、外科専門医のあり方、外科手術の体系的把握が可能となり、日本外科学会を中心とした各学会の専門医制度とも連携した外科症例登録ができるようになりました。
 また、2013年1月より上記に加え、冠動脈インターベンションの全容を正確に把握する為、日本心血管インターベンション学会による冠動脈インターベンションの実態調査(J-PCI)にも併せて参加することとなりました。
 登録のための独立機関として「一般社団法人National Clinical Database (日本臨床データベース機構, NCD)」が設立され、データ登録などの管理運営が行われます。
 当院も、NCDデータベース事業に参加しており、当院で手術及び冠動脈インターベションをされる患者さま、2011年1月以降に手術された患者さまの手術データ及び2013年1月以降に冠動脈インターベンションの症例は、すべてNCDデータベース事業によりデータベースへ登録させていただくこととなります。
 以下にこのデータベース事業の目的、登録される情報の内容、情報の扱われ方について、説明いたします。本事業への参加は、患者さまの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療において患者さまが不利益を被ることは一切ございませんのでご安心下さい。また、この事業についてご不明な点がございましたら気軽に担当医までご相談下さい。


専門医制度と連携したデータベース事業について[PDF:152KB]



沖縄協同病院 院長 仲程正哲
心臓血管外科部長 沖山光則
外科部長 有銘一朗
循環器内科部長 山内昌喜