医療生協組合員のすすめ 震災ボランティア活動報告 初期研修・後期研修のページ 日本医療評価機構認定 JCEP(卒後臨床研修評価機構)認定

データベース事業について

沖縄協同病院ではデータベース事業に参加させて頂いております。当院をご利用される患者様におきましては、下記に示す内容をお読みになり、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

NCD(National Clinical Database)データベース登録事業について

患者さまへ

 2011年1月より、全国の病院施設における手術症例件数の全数把握を目的としたデータベース作成を開始することとなりました。手術件数把握の他に、外科医の適正配置、質の向上、外科専門医のあり方、外科手術の体系的把握が可能となり、日本外科学会を中心とした各学会の専門医制度とも連携した外科症例登録ができるようになりました。
 また、2013年1月より上記に加え、冠動脈インターベンションの全容を正確に把握する為、日本心血管インターベンション学会による冠動脈インターベンションの実態調査(J-PCI)にも併せて参加することとなりました。
 登録のための独立機関として「一般社団法人National Clinical Database (日本臨床データベース機構, NCD)」が設立され、データ登録などの管理運営が行われます。
 当院も、NCDデータベース事業に参加しており、当院で手術及び冠動脈インターベションをされる患者さま、2011年1月以降に手術された患者さまの手術データ及び2013年1月以降に冠動脈インターベンションの症例は、すべてNCDデータベース事業によりデータベースへ登録させていただくこととなります。
 以下にこのデータベース事業の目的、登録される情報の内容、情報の扱われ方について、説明いたします。本事業への参加は、患者さまの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療において患者さまが不利益を被ることは一切ございませんのでご安心下さい。また、この事業についてご不明な点がございましたら気軽に担当医までご相談下さい。
PDFアイコンNCD 専門医制度と連携したデータベース事業について[PDF:152KB]
PDFアイコンNCD 学術研究へご協力のお願い[PDF:1,032KB]

沖縄協同病院 院長
心臓血管外科部長
外科部長
循環器内科部長

当院で脳神経外科治療を受けた患者さまへ

 現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 」に協力しています。
 2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。
 解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。
 本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科 伊泊広二にその旨お申し出下さいますようお願い致します。
 その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照下さい。

沖縄協同病院 院長
脳神経外科 部長

日本脳神経外科学会データベース研究事業

消火器内視鏡に関連した偶発症の全国調査について

消化器内視鏡検査を受けるあるいは受けた患者様へ

 当院は日本消化器内視鏡学会から,内視鏡指導施設として認定されています.その役割を果たすため日々努力を重ねております.その一環として,安全かつ有効な消化器内視鏡診療を施行するため,下記調査に参加させて頂きます.
本調査に該当すると思われる方で,本調査の対象になることを希望されない場合や,ご質問されたい場合は,下記の問い合わせ窓口までお申し出下さい.
ご協力とご理解宜しくお願い申し上げます.


研究の意義・目的

 
日本消化器内視鏡学会は,消化器内視鏡に関連した偶発症を 1983 年から5年毎に,これまで6回にわたり全国的に調査を行ってきました.6 回目の調査は2008年か ら2012 年まで行われ,その結果は2016年に本学会誌に公表されています.この実 態を知ることは,安全かつ効果的な消化器内視鏡診療の遂行に欠かせないものであ り,日本消化器内視鏡学会としては近年の実態についての調査が必要と考えています. 一方,これまでの 5 年間をまとめた調査では前方視的調査と比べて偶発症頻度に かなりの較差があることが判明しました.そのため今回の「消化器内視鏡に関連した 偶発症の全国調査」では,発生した偶発症については,調査期間を短く任意設定した 前向き調査,ならびに,重症事例調査として,任意に設定した調査期間の 3 年以内に 起こった重症事例を後ろ向きに調査し,従来の調査に比してより実態に近い調査を施行することとしました.本研究では,上記の前向きおよび後ろ向きの結果を併せて検討 し,消化器内視鏡に関連した偶発症の実態を明らかにする事を目的とします.


研究の方法

 本研究は,各施設で任意に設定した調査期間中(1週間)に発生した,消化器内視鏡に関連した偶発症(1術者側の事故数,2前処置と感染に関する偶発症発生数, 3消化器内視鏡の検査総数および偶発症発生数(生検を含む観察のみ),4内視鏡 治療の実施例数および偶発症発生数,5腹腔鏡における検査および治療総数と偶発 症発生数(外科治療を除く),および,発生した偶発症の詳細についてケースカードに入力し,データを収集します.また,任意に設定した期間から遡って 3 年以内に発生した 重症事例についても調査します.なお,データについては日本消化器内視鏡学会で集 約し,解析の上公表いたしますが,個々人の情報別に示されることはありません. 調査期間は,2019 年 4 月 1 日から 2021 年 6 月 30 日の任意の 1 週間とします.ま た,重症事例の調査は,設定した1週間から遡った3年間を調査期間といたします.


研究組織

研究実施医療機関 1)日本消化器内視鏡学会医療安全委員会 2)研究代表責任者
日本消化器内視鏡学会 医療安全委員会 担当理事 入澤篤志 獨協医科大学医学部 内科学(消化器)講座 主任教授 3)データ登録・管理 浜松医科大学臨床研究センター 古田隆久


本研究に関する問い合わせ先

  本研究に関する御質問等がございましたら、下記の連絡先までお問い合わせください。他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内で研 究計画書及び研究の方法に関する資料を閲覧できます。 また、試料・情報が当該研究に用いられることについて研究対象者ご本人又は代理 人の方に御了承いただけない場合には、研究対象者とはせずに試料・情報の利用、 提供をいたしませんので、下記の連絡先までお申し出ください。その場合でも研究対象 者ご本人又は代理人の方に不利益が生じることはありません。なお、研究結果が既に 医学雑誌への掲載や学会発表がなされている場合、データを取り消すことは困難な場 合もあります。


研究内容に関する問い合わせの窓口

沖縄協同病院 医局事務担当者


試料・情報を当該研究に用いられることについて拒否する場合の連絡先 各施設の問い合わせ窓口

沖縄協同病院 医局事務担当者
 TEL:098-853-1200
 info☆oki-kyo01.jp     ※☆を@に置き換えてメール送付ください。