研修理念
基本的診療能力を身につけることを第一の目標とし、患者を「一人の人間」として捉え、「患者の幸せ」を追求できる医師を養成します。

研修目標
・ グローバルスタンダードでエビデンスに基づいた医療を患者に提供する。
・ 全人的医療の視点で患者の生活背景・社会背景にも配慮し一人の人間として捉える事ができる。
・ 患者の喜びや苦痛に共感できる感性を養い、さらに家族に接する基本的マナーを会得してよりよい信頼関係を築く事ができる。
・ 社会人としてのマナーを身につけ、医師である前に一人の人間として資質を磨く事ができる。
・ 他職種との連携がとれ、リーダーとしてチーム医療を実践する事ができる。
・ 患者を中心に安全で安心できる医療が提供できる。
・ 介護・福祉分野へも目を向け、地域との連携を図り質の高い医療をマネージメントする事ができる。
・ 医療法規・医療制度・保険や福祉の仕組みを理解する事ができる。
・ 後輩研修医や医学生に的確な指導や援助を行う事ができる。
・ 経験症例を自らの糧とし、学術活動に積極的に取り組む事ができる。

What's New

2015/04/09
研修医会報を追加しました。
2014/12/19
初期研修医二次募集のお知らせ
2014/07/02
研修医会報412号を追加しました。
2014/06/18
研修医会報410、411号を追加しました。  
学術活動を更新しました。
2014/04/14
研修医会報407、408、409号を追加しました。
2014/03/18
初期研修医二次募集のお知らせ
2014/03/03
ホームページをリニューアルしました